【詩】まだ 使えるよ

 

えんぴつのしん が落ちていた

光ってる
光ってる

赤ん坊が泣いているように光ってる

「まだ頑張れる」と言いながら、私を待っている

 

鉛筆についてるままだったなら、沢山活躍出来たはず?

いや そのまま横に描いてみよう

 

夜空や影、髪のツヤ、、黒が輝きを与えてくれる

黒い消しゴムとなって、、絵の間違いを消してくれる

最後まで 物の命 使いきろう

 

 


    

(子供が床に捨てていた鉛筆の芯を見て。。。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA