【詩&蝋画】輪ゴム

 私は ゆがんだ 輪っかだと思っていた。

 でも ピンたちが 現れてくれて

 三角になれた
 

 四角にも

 星へ
 扇へ

 幾千模様

 みんなのおかげで
 丸から 抜け出せた

 

 ただね
 精一杯 背伸びばかりしているとね
 小さな丸には なれないの

 「この 句読点の丸、いいなぁ~」
  輪ゴムは ○がうらやましい

 

 ある時
 かわいい細ネギを抱きしめた

 アスパラガス達も 仲良くするように 
      ギューと 包んだ

 なんでもグルグル抱きしめていたら

 ヤッタ! 小さな丸になれていた


 すごーい

 抱きしめて
 抱きしめて

 どこまでも
     伸びていきたい

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA