【詩】 ゆるぎないもの  (谷中ヒマラヤ杉を見て)

  谷中ヒマラヤ杉を見て、詩を書きました

   ゆるぎないもの

  木は言葉を持ってないけど
  持ってないからこそ すごさがある

  100年生きているひーちゃんしかわからないものがあるだろう

 

  ひーちゃんのささやきを 聞きたくて

  木に手や耳を当てても わからない

 

  私の心に染みとおるものは、何だろう

  枝を広げ 葉を茂らすことに 励まされる

 

  命ってそのままで すごい

  ゆるぎないもの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA