【紹介文&鑑賞文】おとなの絵本プロジェクト よみきかせナイト

 おとなの絵本プロジェクト よみきかせナイトに参加しました♪

運営メンバーのシャンミちゃん、フジてるんの卒業式。
会場は、和やかなあたたかさ、感謝で溢れていました。皆から愛されて、色々ご活躍されてきたからでしょう(^-^)お疲れまです!

また選書にすごく引き込まれました。「おおかみのおなかのなかで」(マックバーネット)「私は猫が嫌いだ」(よこただいすけ)等等、、うなる私。
ストーリー展開、絵の迫力。作者は、何度も書きなおし考えたんだろうなぁ。

絵本はフワフワしたものに勘違いされやすいけれど、違いますね。
そのフワフワしたものを掴みとる集中力、そして表現するには、自分の中での消化力の高さも必要ですね。

私が選んだのは「つんつくせんせいといたずらぶんぶん」(かたどのほうこ)。大人が知らなそうな絵本(園児ちゃんとの話なので)をあえて選びました(^-^)
 さすがの面白ストーリー!と、改めて思い、感じながら読みました

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください