【紹介文&鑑賞文】キリロラ☆さんの講座(子供のイジメ問題の改善にもなると感じました)

 

「人という楽器の音色は、美しいなぁ」
先日、子供たちが、キリロラ☆さんのレッスンを受け、見学をしました。

子供たちの様々な声の音色。まっすぐさ があったり、体全部で弾んでたり、自分の音を見つめて調整してたり。

それぞれ持っている宝物(声)の出し方はそれぞれ。
性格や感情の出し方、取り組む姿勢で違っていました。

けれどもせっかく自分の中の宝物も、、日頃の思い等が、声を出すときの詰まりとなって現れる事も感じました。

体は正直です。声って嘘をつけないなぁ、と感じました。

しかしキリロラ☆さんのアドバイスで、すぐ詰まりが取れてしまったりします。
さすが、まだ生きて数年。癖が治りやすいですね。

口から出る声を見るように、伸ばしていると、、声はまっすぐになり、スルスル出てきます。力も出てきます。
キリロラ☆さんのご指導は、非常に的確です。

母音がハッキリ言えるようになると、不安もなくなり、学力も上がると聞きました。
そして周りの環境も変わると。確かにそうだなと感じます。

世の中イジメが多いけれど(人は、ストレスがたまると、弱い子に当たるけど。ぶつけやすいから)、、

でも言われやすい子も、母音などハッキリ言って、自分を出したら、体にまとわりつくオーラも変わるから、状況が変化する、と感じました。

いじめられてる子に、気合いとか根性を話しても、変わらないです。

いじめてる子に、道徳を言っても通じないです。
(自覚ない子が殆どで、反射行動だと、気持ちまで考えずに物事が過ぎるから)


イジメの状況改善で、子供がやりやすいのは、体からですね。

体を整えること。自分をハッキリさせて、自分の声を出すこと。

体から入り、自分を少しずつ信頼することで、自らの世界を変えられるかもしれません。
体が整うと、見る方向が変わり、夢中になるものも見つかるかもしれません。
(最終手段は、その環境から離れることとも思いますが。)


子供たち、自分の子だけでなく、みんなが、自分を生きてほしいなと思います。イジメる子も、自分を生きてないからこそです。


そのためにも、悲しい気持ちを優先しすぎないで(考える分、深刻になるし。)

自分の声を出して、自分を生きる事につなげてほしいなと思います。

キリロラ☆さんの講座はこちらのブログをご覧ください。

キリロラ☆さんの活動はこちらのHP

11月30日(木)19時から、めぐろパーシモンホール(東急東横線、都立大学駅より7分)にて、コンサートが行われます

命のエネルギーが感じられるコンサート「青の龍精」
日本古代文化、縄文文化を唄、楽器、舞にて表現!人の本質的な声を感じる舞台

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA