【作詞】リボン

20代の頃書いて、佳作授賞した作品。同じ人間でも、興味あるもの違うから、今はこの感じで書けないと思う。

現在の私は、小さなあたたかいお手手(小学生でサイズが大きくなったけど)が大事。その小さなお手手をつなぐと、どんな事も乗り越えられるから。

あまりに違うので、、その違いを別に詩を書きました(これは後日)

リボン

1ぼくだから大丈夫だよ

 握りしめた手の確かさ

 その強さに出来たリボン

 

 ずっと つないでいたかった

 かたすぎても きつすぎても

 ぎゅっと 爪の先から染まってく

 押さえられない幸せだった

 

※1あなたの気持ち わたしの気持ち

  わからないはずないのだから

  大切だから 気づきたくないけど

  今わからなきゃいけないのは

  夢の面影追うだけじゃいけない事よね

 

2急いで切るのはやめようね

 守ってきた 結びの目

 その強さに 解けないリボン

 

 簡単に ハサミださないで

 励ますように 力を込めて

 両手で 包み込んでた指

 そっとゆっくり 離していきたい

 

※2とどまることを 知らない時間

  わからないはずはないのだから

  約束願い 消したくないけど

  今私が 出来るのは

  正しくあなた見るために ほほえむことよね

 

※3離れていく手 残ってるぬくもり

  わからないはずはないのだから

  隠してた思い 叶えたくないけど

  一歩踏み出してみれば

  きっと違って見えてくる あの頃のリボン

 

 

 

“【作詞】リボン” への2件の返信

    1. 昔の作品は、懐かしくもあり、面白いですよね。
      でも人は変るし、自分も変り、だから作品も変わりますねぇ。
      自分も作品も生きていて、面白いですね。変わっていくのを楽しみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA