【紹介文&鑑賞文】未象の庭 荻野哲哉展& 混林展を 独自視点でご紹介

 【未象の庭 萩野哲哉展】

 11月15日(水)まで日暮里のギャラリー七面坂途中にて開催中

(日暮里北口の西口でおりて、歩く。分かれ道のところを谷中銀座の方に行かずに七面坂を下るとギャラリーに到着)

旧日本軍が作成した陶製手榴弾の残骸を作品化した反戦の展示も同時開催。

反戦平和活動の展示だが、怒りの表現はない。
勇敢なる沈黙を感じる。

焼けた戦争情報は、事実を現しているように思う。
形あるものは必ず形を失うし、辛いものに目をそむける世の中を表現しているようにも感じた。

どの作品も、事実をごまかしてない。

そして残骸の横で生きている葉っぱ作品(瓶の中で自生している)、つぎはぎの陶器の空間にいる赤ちゃん、どれも希望を感じる

荻野さんの作品は、葉っぱにご先祖の顔が描かれている。

そして画廊いっぱいに広げられた落ち葉も圧巻。

葉っぱ一つ一つの表情が、生きてきた事をしゃべているような感じがした。
生きてきた人がいるからこその今。葉っぱの声が、自分の中を通るような気がする。
ぜひ独特な作品世界を楽しんでほしいと思う。

日光で葉っぱに顔を焼き付けたそうです。自然との共作ですね。

【混林展】

 11月8日(水)まで、新宿 ギャラリー絵夢にて開催

(新宿駅中央東口におりて(階段を上にあがります)。新宿は、かなりごちゃごちゃしているので、大塚家具を目指すといいです。大塚家具の隣にギャラリーがあります。)

 

 とても騒がしい新宿の通り中、ひっそり開かれているギャラリー絵夢。

入ると、心がホっと休まる。

 

小粥和子さんの飛翔 

 作品は、まさに混林の展示。

水彩あり 油絵あり 立体あり 陶器あり。。

作品ごとに 様々な対話が楽しめる(^^)。

小粥和子さんと私 

 来年5月に同じギャラリー絵夢にて、小粥和子さんの個展が開かれます♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA