【エッセイ】質問 質問

朝に学校の宿題をする次女の明里。
例え前の日が暇だったとしても、当日の朝でないと、やる気が出ないみたい。

迫りくる登校時間を意識ながら頑張ってても、問題の答えを埋めることに集中しちゃうから、学ぶ喜びにつながらないなぁー。

前の日に宿題をしないのは、仕事等でいつも動いてる私がいけないのかも。
質問しやすい、勉強しやすい環境を作らなくっちゃ。



そこで家にいるときは、なるたけ明里の横に座ることにした。人間辞典になりましょう。
「質問どうぞ、どうぞ」とオープンに思いつつ、、座ると「そういえば!」と色々思いついてしまう私。

その閃いた小さな用事の為に、家の中をウロウロ。
私の後から明里も、ノートを持ってウロウロ。
「新しいページ」「線!」と言っている。

なに、なに「新しいノートがほしいの?」
いやいや、新しいページの「新」と「線」の漢字が知りたかったみたい。

 

つぎに「この問題のまり子さんは男、女?」
意外な質問をしてきた。

長女の絵理がすぐさま「子がついたら、女に決まってるでしょ。昔の人は、みんなそうじゃん」
と答えてくれた。

でも、、え~昔の人~。そんな~。表現を変えてよ。

確かに今の子供の名前は凝っている。
凝りすぎていて、名簿などが読めない。

反対に質問してしまう。
「これは、何ちゃんと読むの?」


長女作品 マイハウス

次女の作品 自画像

きちんと歯が描いてある!とても小さなお口だけれど。

“【エッセイ】質問 質問” への4件の返信

  1. 感慨深いのは、「子」が付くから女の子でしょう・・。

    今の子はその概念が無くなっていることですよね~。
    メロンさんの、この文章を読んでハッとしました。
    小学校の絵本読みの時も、雑談で、いまどきならではの、発言が時々飛び出し、ア~~。言葉にも輪廻転生があるんだな~~と、気付かされます。

    とても良いお話聞かせて貰いました。

    話は変わりますが、来年からは、「青おに童話の会」は高畠町サークルとして活動するんですってね・・・。
    私は、一年に一度の創作活動は続けたいので、継続を申し込みました。
    メロンさんは、どうされますか?

  2. ほっとするエッセーですね。なかなか気づかないところを、書いてもらってありがとうございます。因みにフィンランドで学校に通った人の講演を聴いたのですが、フィンランドは教材は学校に置いて帰るそうです。なので、宿題やテストは無いそうです。しかし、学力は世界一、びっくりですよね。(@_@) 此処ではランドセルは不要なのであります(笑)

    1. フィンランドでは、学校に置きっぱなしでよいのですね。重たいおもいをしなくていいですね。
      宿題より、授業への集中力なのかもしれないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA