【紹介文&鑑賞文】素敵に食卓 日本酒ラベル展 東日本大震災復興チャリティー

【素敵に食卓 日本酒ラベル展 「にっぽんの福」】(東日本大震災復興支援チャリティー) 現在 開催中です


 展示のユニークな点は、原画展示の下に、日本酒に貼られたコピー絵があるところ。

 同じ絵なのに、正面からみたのと瓶につけたのと、… 続きを読む

【詩】「あぶく」

「あぶく」

ぶくぶく、ぶくぶく

人は、「あぶく」の中を生きている
揺れながら

小さな時は、ずーとこの「あぶく」の中にいると思っていた
「あぶく」の中の決まりを守って

当たり前の顔をして過ごしていた


でも、ぷっくん

違う「あぶく」の中に行くときがあった… 続きを読む

【紹介文&鑑賞文】MARTHさんの「それでも愛であるから」上下書籍&CD

 MARTHさんの「それでも愛であるから」書籍&CDのご紹介

「それでも愛であるから」のご本を手に取ると、安心感や安堵感が広がる。それは、皆ワンネス一つであるからと感じられるから。

 この世は、人の想念で出来ている。としたら、、恐れ不安からの行動より、愛からのほうがずっーと力も出て、よくなっていく。「それでも愛であるから」を読むとその確信が出来るから、読後は安堵感で満たされる。とても気持ちがいい。… 続きを読む

【作詞】リボン

20代の頃書いて、佳作授賞した作品。同じ人間でも、興味あるもの違うから、今はこの感じで書けないと思う。

現在の私は、小さなあたたかいお手手(小学生でサイズが大きくなったけど)が大事。その小さなお手手をつなぐと、どんな事も乗り越えられるから。… 続きを読む

【詩】会おう 

 阿閉研一郎さんの個展に伺い、あざやかな絵と 細胞に響く音楽と、そしていらした方々との素敵な出会いから、心が晴れやかになって詩を書きました。

題  会おう

「会う」って、すごい!

スマホや電話を使って、一万くらい言葉を駆使しても、、

続きを読む

【紹介文&鑑賞文】篠原鋭一さんの最新刊のお知らせ

 篠原鋭一さんの最新刊のご紹介です。
 篠原鋭一さんは、私の以前に働いていた自然食品のお店(現在はEM商品の専門店)の社長さんで、長寿院の住職さんです。
 
 篠原鋭一さんのご紹介
 EM商品専門店レインボーの社長。長寿院住職。NPO法人「自殺防止ネットワーク風」の代表(寺院を開放して悩みを聞く)。
続きを読む

【エッセイ】 青おにの童話会の合評会&創作を続けると内面がつよくなる

 青おに童話の会の合評会に参加しました。

ひろすけ童話記念館に差し込むあたたかい光に包まれながら、童話について深く考えるひととき。

青おに童話の会の方々は、見方や接し方がとても優しい。そしてお一人お一人が伸び伸びと表現されています。… 続きを読む