【紹介文&鑑賞文】第3回児童ペン賞授賞式&ペンクラブ主催の賞の紹介

 第3回児童ペン賞の授賞式が、12月1日に中野サンプラザ「エトワール」において行われました。
 今回、受賞の方々のコメントがとても素敵で、あたたかい気持ちになる授賞式でした。

 特に 詩集賞を受賞された なんばさんは、お体を悪くされてましたが、授賞式の出席を目標に回復されました。
そのお姿は素晴らしいです。
 今後も精力的に作品を書かれとのこと。ぜひ今後もますますご活躍頂きたいです。

 私は 司会のお手伝いが出来た事を幸せに思います。

 ですが、授賞式の後に私らしい失敗が。「素敵な授賞式だなぁ」と心がポカポカになった私。
 すっかりコートを預けていたことを忘れて電車に乗ってしまったのです。
乗り換えのお茶の水駅(外)がいやに寒くて、上着を着てないことに気がついたという。

 でもそれほど心と体がポカポカになる授賞式だったのでしょう(^^)。

~~~☆~~~☆~~~☆~~~☆

「児童ペン賞」

出版後の流通状況や評判なども考慮し、2,3年以内に発行された少年文学、少年詩集、童話、絵本、伝記、ノンフィクション、ドキュメンタリーなど広範囲な児童文学の単行本を対象とする

選考委員会は、毎年8月中に開催(選考委員、会員、出版社などからの推薦によりノミネート)

「児童ペン新人賞」

詩または童話の新人作品を募集。ただし童話や童話作品集、詩集や詩選集などの書籍として未発刊かつ未受賞の作品。

童話部門:400字詰め原稿用紙10枚以内・題名と氏名の5行を含む

詩部門 :400字詰め原稿用紙2枚以内・題名と氏名の5行を含む

〆切 毎年6月末

「会員募集」

 児童文学作品の創作と活動に関心のある新会員を募集しています。冊子の発行や賞の主催など、実践的な活動をしています。児童文化の向上や社会貢献を目的として、事務や編集などにご協力いただける方も大いに歓迎します。

 会の歴史詳細については、当会ホームページ等をご覧下さい。

日本児童ペンクラブのホームページ 賞の募集要項も載っています。    http://jidoupen.web.fc2.com/

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA