【お知らせ】日本児童ペンクラブ主催 児童ペン講座第2弾のお知らせ

私も、お手伝いとして参加します(^^)
ご興味あるかたご連絡下さいね。

 日本児童ペンクラブ主催 児童ペン講座第2弾のお知らせ

「児童ペン賞」の選考会では、作家・画家・教師など様々な立場の選考委員が、どのような作品を次世代に残すべきかを議論しています。

作品と児童文化の継承・発展に寄与するものとして、今年度は「詩」と「読み聞かせ」の講座を開催します。

① 詩作についての講話 
「詩」は創作する者にとって基礎であり、究極の言葉磨きの奥深い鍛錬の世界でもある。
② 「読み聞かせからアニマシオンの世界へ ~楽しく読む力を育むために~ 」   
  親から子どもへ、先生から子どもたちへと、家庭や教室や図書館等で
  広く取り組まれている読み聞かせの楽しみ方、さらに本の世界を楽しく
  遊びながら読む力を磨く読書のアニマシオンを紹介します。
「読み聞かせ」は作者と読者をつなぐ、特に児童書にとって重要なポジションを担っている。読み手にとっても書き手にとっても興味深い内容である。子育て中の方、教師、作家や編集者にもぜひ聞いてほしい。

日時 2018年7月1日(日)①午後1時~4時
場所 アットフォーラム403号室(サム教育学院)新大久保駅から徒歩3分
講師 (詩人・日本児童ペンクラブ会長) 鈴木茂夫氏
   ((前)特定非営利活動法人 日本アニマシオン協会 副理事長・児童ペン理事) 諏訪志げる氏
受講料 3,000円(会員2,000円) 定員30名
お申し込み方法
① 日本児童ペンクラブのホームページ「児童ペン」で検索し、
  http://jidoupen.web.fc2.com  をご覧の上、
rxp11242@nifty.com  あてのメールで「講座申込」の表題で、住所・氏名・電話番号をお知らせください。
② インターネットやメールを御使用されない方は、ハガキまたはFAXで、
〒213-0001 川崎市高津区溝口2-13-23-501 日本児童ペンクラブ(講座)
FAX:044-813-0320  まで、お申し込みください。詳しい御案内状をお送りします。
*個人情報は、当講座の連絡等以外には使用いたしません。                 
*申し込み人数が定員になりしだい、しめきります
* 今後も、児童ペンでは、童話・絵本創作・詩作・合評会・読み聞かせのコツ・読書法等、次世代を担う子どもたちのために、総合的な視点に立つ文筆家を育てる学習の場を随時提供していく予定です。
* 当日は、本の交換と配布も行ないます。お持ちの本、複数持っている本などで、1対1の交換を基本とします。 

 

“【お知らせ】日本児童ペンクラブ主催 児童ペン講座第2弾のお知らせ” への2件の返信

  1. 先日の日本児童ペンクラブ講座第二弾「詩作について」及び「読み聞かせからアニマシオンの世界へ」に参加させていただき、ありがとうございました。
    前半、日本児童ペンクラブ会長、鈴木茂夫氏の「詩作について」で紹介された現代詩はどれも目の前に情景が広がってその場にいるような不思議な感覚が得られました。読んだことがない、心にグッとせまってくるような作品ばかりで、共感してちょっとせつなくなりました。
    詩人の極意はわかりやすくて、肝に銘じたいと思います。
    後半の「読み聞かせからアニマシオンの世界へ」は楽しかったです。実際に子どもたちに聞かせるときの工夫がすばらしく、もし読み聞かせをするようなときには、ぜひ試してみたいと思います。

    1. コメントをお書きいただきまして有難うございます。
      大変有難いです。
      さっそく児童ペンの皆さんにお伝えしますね。
      とても喜ばれると思います。
      ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA