【紹介文&鑑賞文】白鳥哲監督の映画「ルーツ」

白鳥哲監督の新作「ルーツ」

日本にいると、平和は空気みたいに思いがちですが、、
先祖たちが、胸痛めることがあって、苦労して作ってきたもの。
「私は、日本の事をどれくらい知っているかな、、」と思いました。

イスラエルのことも、遠くで起きている問題ではなくて、同じ大きな地球の中で、一緒にゆられている仲間のこと。


聖書と古事記が同じ事を言ってることにも共感しました。
表現や住んでいる所が違うだけで、同じ人間が書いてるから、同じになりますね。


命って、わからないまま生きているけれど、ユダヤ人も日本人も、かけがえのない命同士。
自分と違うと分離ではなく、助けあって生きていきたいと思いました。


自主上映は明日から受付開始です↓。
11月20日から、シネマハウス大塚から上映開始です!


ちらし




試写会で、頂いたお花(献花のおすそ分け)。
玄関がお花ジャングルになってますが、コップに入っている方。レモンでないほう。可愛いですね。有難うございます。
スマホ操作が苦手で、監督に自撮りをして頂いてしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください