【紹介文&鑑賞文】萩原さんの「定年後ヒーロー」

「定年後ヒーロー」50歳以上の男性にお薦めのご本です。そうでない方も読むと前向きになれますよ。

日本は年齢を意識する構造の社会ですね。
テレビ新聞には年齢がつき、求人の条件に年齢がある。
人により経験って違うから、年齢に相応しいことなんてないのですが。

萩原さんは「もう年だから」を口にしたら人生の幕を閉じてしまう。あらゆる言い訳の中で年齢は最悪です。
とご著書の中で、言われています。

それは変えられない現実だからこそかもしれません。
聞いている方も「そんなことないですよ」しか言えず、会話が弾まないですね。

夢中になってることがあれば、年齢は忘れてるものだし、
また「何を言っているか、どんな事をしているか」で人を見ているので、
普段は、誰でも 年齢は頭にないのでは。。

呼びやすい記号ですね。
体の中には、色々な年齢が住んでいるので、好きな年齢でいいのかもしれません。

枠枠の日本をワクワクでいるためにも、年齢の罠にとらわれたくないですね。
ご本を読んで、多くの方に新たな出発をしてほしいです。
萩原孝一さんの「定年後ヒーロー」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください