【紹介文&鑑賞文】『タマノヲ展』

 「壁にパワーがある!」
 今、神保町の文房堂ギャラリーに入ると感じられることでしょう。 
 『タマノヲ展』が開催されています。

 縄文時代に使われていたヲシテ文字。
 今と違って、一音一音に思いを込めて使っていたことでしょう。
 壁の様々な作品を見つめながら、古代の人の文字に込めてきたものを感じました。

 また体験もさせていただきました(有難うございます!)。
 書いたのは「ひ」。 2本の線とその間に広がりを感じて、私の作品も広がるといいなぁー。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください