【感想文&鑑賞文】藤枝利教さんの「春トンネル」

 手と口に障害がありながらも、心に響く詩を書く藤枝さんの詩集「春トンネル」のご紹介します。

 トーキングエイド(棒のあるヘッドギア)を頭にかぶって生活している藤枝さん。

 人に一言を伝えるのにも大変なご苦労をされたりして、、人生生きる上で、つらい思いや心痛む思いもされたことと思います。

 ですが藤枝さんなりに受け入れる考え方をされてきたからこそ、それが人としての深みになったのでないか、、

 ご自身を励ましながらご経験をされたからこそ、人を励ます詩が書けるのではないか、、そう感じました。

 迷いながらも考え抜くと、みぞれもカラスも北風も何か語り始める違う世界があるように思います。

 歓迎出来ないことをどう捉えるか、、それは苦労された方の宝物になりますね。その咀嚼が、ご自身の血肉となり、詩として表現されていると思います。
 

全国障害者問題研究会 茨木支部 発行




 藤枝さんは、2月12日13日開催の希望フェス∞無限の無限ステージに出演されます。


 日本時間21時~22時「藤枝利教&山田栄子 春雪トンネルを語る」ぜひご覧になってくださいね。

 希望フェス∞無限
 https://peraichi.com/landing_pages/view/kfmugen/

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください