【紹介文&鑑賞文】心感覚 ノ・ジェス

哲学書 心感覚のご紹介です。
 
著者のノジェスさんは
「人は、同じ物を見ていても 解析が違う」と言います。
 
その解析の中(繭の中)で、人はグルグル生きている。
ずっと繰り返す思考パターン。それがカルマですね。
 
例え人がいなくなっても、繭(解析)は滅びなく、繭の中で同じ思考を繰り返す。
ある意味 怖い事です。
 
「こんな私」にフォーカスするのは止めよう と思いました。
 
「こんな私」って、大概が一面で、違う自分もいるもの。
脳の錯覚に左右されずに、自分を見たい。
 
また全て虚構かも とも。
 
道はどこまでも続いてて、どこまでも行けると思ってたけど、そんなことない。
違う道も楽しいかも。
 
脳でなく、心で考えていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください