【紹介文&鑑賞文】ドンハマ☆さんのえほん哲学研究室「ダッコを哲学する」

ドンハマ☆さんのえほん哲学研究室「ダッコを哲学する」
「ハグくまさん」「まねっこでいいから」「ぼくもだっこ」、、など読みながら話し合いました。

 ダッコは、まごころや慈しみをダイレクトに感じるものなのかもしれません。
 だからこそ、心が困っている時に、ダッコやハグだけで、帳消しになるのでしょう。

 90代の御婦人がハグされて落ち着いた話をお聞きして、「根源的なことに年齢は関係ないな」と思いました。
 人は誰しも、認められ安心することを求めているのでしょう。

 ダッコされて、目覚めて、自分の一歩を踏み出せるような。。
 この満たされた感覚は大切ですね。
 しっかりと自分を整えられます。


 会場は、話していくうちに満たされていったような。。そんな気がしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください