【紹介文&鑑賞文】美雨13歳のしあわせレシピ ブックカバーチャレンジより

book cover challenge から掲載します。

コロナで先が不透明な今、ぜひ思春期の子と親にお勧めしたい一冊。

しめのゆきさんの「美雨13歳のしあわせレシピ」

内容書けないので。感想を。
お勧めしたいのは、、
子供へは、「親にも若い時があって、悩んだり色々しながら今があるんだなぁー」と感じてもらえるから。

大人へは、「子供って大人が思うほど子供でない」と感じてもらえるから。

テレビで「家庭内での虐待が増えている」と聞く度に「子供を一人の人間として認めてほしいなぁ」と感じます。

親が、子供に上から目線で命令するのではなくて、、今だからこそ、子供の目線に合わせて、これからどうやっていこうかと相談したり、話したりすることが、必要なのではないかなと思います。

一緒に作って行く家族。
長引くstayhomeの今こそ、親子で読んでほしいなぁと思い、選びました。

絵は高橋和枝さん、ショパンの雨だれ前奏曲にもピッタリ。

book cover challengeは、7日間、内容は書かないで、本の表紙の紹介をします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください