【紹介文&鑑賞文】渡辺登代美さんのニュースレター

 ムーミンの本にこんな言葉がある
「なんとかなる。それは、やることをちゃんとやっている人のセリフ」
今回ご紹介する登代美さんは、まさにそのセリフが言える人。
 
 4度の手術(2回は卵巣腫瘍)に、持ち家を手放すほどの借金。。
 しかし登代美さんは、根本から原因を追求し、心のあり方や生活習慣(食生活も含め)を見直し、変えます。
 栄養療法、運動療法、そしてセラピストへの転身。今はすっかり病を克服されて、自分の使命(人々を本当に意味で健康にする)を全うすべく活躍されています。
 
 痛みは体からのメッセージ。本当の意味で治すには、対処療法でなく、根本から見つめないと出来ません。
 登代美さんはこういいます(途中、略)。
「病気だけでなく、人生においても同じ。本当に幸せになりたいのなら、時にはチャレンジが必要です。思考や習慣を変えるには、努力、行動が伴います。やる前から尻込みをしたり、自分には出来ないと決めつけていると、本当は病気でいたいのを同じように、心の底から幸せになりたくないのかということに なってしまいます
 
 人生も体も、自分で決められるということですね。
 登代美さんは、苦難にもめげず、強いなぁと思います。
 それは迷わない、怖がらないということでなくて、、どんなことがあっても、前を向いているからです。根本の原因を見つめようとするからでしょう。
 
 そんな登代美さん、人様の役に立ちたいと、自らニュースレターを発行しています。
 人は皆、死に向かって生きています。ですがその向かう中で、生をどれだけ輝かせることが出来るのか、、「美と健康は一日にしてならず!」
 ぜひ手にとって読んでみてください。
 
美と健康は一日にしてならず!
●登代美さんの連絡先 
 
●ニューズレターは、一カ月おきに発行しています。
健康情報を中心に読み応えある内容を目指して書いています。現在欲しい方には無料で添付メール致します。郵送の場合は、郵送費初回無料です。
 
●ブログ
 
 
●登代美さんの活動内容
今、地球や社会が価値観を大きく変化させています。私達も本当の自分になって、波動を高めていく時が来ました。私は未来の子供達の為に子供と親の体づくり、心づくりをお伝えしたく活動しています。その為には自分を整えていかなくてはなりません。自分と家族と多くの方の助けになる栄養療法、ナノバブル水素水、運動療法、エネルギー療法を普及させる為に活動しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA