【エッセイ】児童文芸12、1月号のエッセイの森 に掲載しました

 児童文芸12、1月号のエッセイの森に エッセイを掲載しました。

 「絵本を読みたくて」 常田メロン  

 今でこそ絵本が大好きで、読んだり作ったりしているが、幼い頃は、家に絵本がなく、読めなかった。

 親の興味が、なかったのだろう。読み聞かせと言えば、大人用文庫版のアンデルセン童話。ひたすら父が読むのを聞いていた(手軽だし、父が読みたかったのだろう)。

 もっぱら耳が頼り。人魚姫も親指姫も、手作り映像を楽しみ、後日図書館で見つけた時は「私のお姫様と違う!」とショックを受けていた。

 絵本の名作、ミフィちゃん(当時はうさこちゃん)は歯医者の待合室で知り、ぐりとぐらは幼稚園で知り、絵本を沢山読みたくて仕方なかった。

 でも飢えていた分、従姉妹が読まない世界物語全集が家に届いた時は(絵本でないけど)嬉しくて、低学年ながら夢中で読んだ。

 後の本好き人生へと繋がっている。

 

 特集の「児童文学塾スキル高めろ」は面白く文筆家必読ですよ。 書店でお求めくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA