【紹介文&鑑賞文】扉をあけるとⅢ(児童文学サークル紙ひこうき)

児童文学サークル紙ひこうきさんの新刊のご紹介です。

扉をあけるとⅢ 前2冊は、両方とも全国学校図書協議会選定図書に選ばれた名作(1冊目は日本図書館協会選定図書にも選ばれました)。

今回ワクワクさせながら本の扉を開かせていただきました。

どの作品もファンタジーの入り方が自然(曲がり角を曲がったら、、。メガネをかけて見えた足元に穴があり、その階段を下がったら、、、)で上手い!またリズム感がよくて読みやすいです。

作品のほんの一部をご紹介します。

「とおりぬけたまじょの森」(かとうけいこさん)「おかあさんの声が追いかけてきそう」「トンネルのように木と木が手をつないで」臨場感ある情景が心にうかびます。素敵ですね。

「アオと空」(橋本たかねさん)「わかっているけれど、出来ない」これって誰でも経験することです。そこに共感しながら、アオとともに応援したくなる展開。最後、もう会えなけれど、友の活躍を喜ぶアオにしんみりと来ました。

「おばけのきもだめし」(児島まみさん)おばけ世界の設定がユニーク。きもだめしで誰かをおどろかし、そのおどろいた声が名前となる。そしておどろかせられなかったら消えてしまう、、これは、おばけ世界の決まりごと。この決まりごとに納得してしまう筆力の高さ! そして主人公(おばけ)のもらった名前は?「あーびっくりした。こんなにおどろくおばけがいるとは」(←長いから長生きできる名前)。読者も嬉しくなるラストでした。

銀の鈴社から絶賛発売中です。小学校の朝読書におススメです。

190625_1712

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA