【詩】偶然

偶然    

アリを踏んでしまった

ごめんね
私の足は、何も知らなかったの

でも お尻を持ち上げ 生きようとしている
素晴らしき 気持ち悪き 姿
とどめは 刺せない

薄皮まとうだけの 人間も同じさ
すぐ破れるのに ウロチョロ ウロチョロ
突然 交通事故で 消えてしまったりしている

生きるも死ぬも 偶然

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください