【紹介文&鑑賞文】鈴木茂夫会長(児童ペンクラブ)の「石臼」 横須賀しおんさんの「ひまわりのなみだ」「いつだってアイはあのころのま」

二人の詩人の本をご紹介します

日本児童ペンクラブ鈴木会長の「石臼」

江戸昭和時代に活躍した人々は今の写し鏡のよう。

古くから受け継がれてきたもの、生き方、高い精神性を感じますが、「世紀の一瞬」「壁」「無くなったもの」、、寂しさの中に心を落ちつかせる魅力をも感じました。

横須賀しおんさんの「いつだってアイはあのころのまま」「ひまわりのなみだ」

しおんさんの詩はリズムがあって、文字から音の力を感じます。漂う木の葉のようで、悲しみと喜び、葛藤までもストレート。

「ひまわりのなみだ」は詩集プラス花言葉入門書です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください