【エッセイ】みかんの花咲く丘

「みかんの花咲く丘」の歌をよく歌ってる。
「みかーんの花が咲いている~」と歌ってると、希望ある丘に登りたくなる。
 
 東京では「丘になろう」という意志のある土の塊となかなか出会えないけれど。  
この高いとこも、本人は丘だとは思ってないだろうなぁー。
 
 歌ってるのは、腹から声を出す癖をつけたいなと思っていて。
 
声が低いと重みあって、落ち着いてて、責任感があるような。
声を出すだけで、すごいことを言ってる感じで、いいなぁ。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください