【紹介文&鑑賞文】Love myself 心のままに  絵本セラピストあっちゃんの絵本の会

 Love myself 心のままに
 絵本セラピストのあっちゃんの絵本の会に参加しました。

 あっちゃんの選書はまさにLove myself 。選んでくれた絵本のお陰で、自分を深める機会を得られました。

「かべのむこうになにがある」作ブリッタ・テッケントラップ、訳 風木一人

 で、自分の中の壁について、考えたり、、、、

「ピンクのれいぞうこ」 作ティム・イーガン、訳まえざわあきえ
 で、自分のしたいことは何か、、気がついたり、、

「くさむら」作 田島征三 
 で、
 「私も詩の絵本を書きたい。思いっきり絵を描きたい」と思いました。

あっちゃんが私の本も読んでくれました。


 懐かしい友人とも色々話せて「昔、大きな絵(油で30号、50号とか)を描いていたなぁー」と思い出しました。

 家に置けないから、大きいのはもう描かないですが、、力強く面白い表現が出来たらなぁーと自分を再確認しました。有難うございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください