【紹介文&鑑賞文】 飯塚須磨子さんの「くさはらだより」

 静岡県の沼津市で、絵本専門店 グリム の店主をされていらっしゃる飯塚須磨子さんの詩集「くさはらだより」をご紹介します。

 「くさはらだより」を読んでいると、草や木の気持ちを心地よく受け止められて、同じ思いになれます。

 

 特に「春」の詩が大好きです。

「(略)~この芽、ちいちゃいのに すごい力もちだね。~(略)こんなにおもたい土のなかから おかお だしたんだもの~(略)」

 内に秘める生命力を感じます。開こう、生きようと。そして春が、ありったけの生命に対して、お手伝いをしてくれます。

 

 詩集から、草や花が生きていることも感じられます。

生きているからこそ、風や光の変化によって、植物の機嫌も変わり、美しく見えるとも。(ワイングラスのチューリップ等) 

 風景を想像するだけで、元気になれます。

 

 私も詩人として「目の前のたんぽぽ、ヤブレカサになってみたい、声に傾けたい」と思いました。

 きっと声も小さくて、口数も少ない(光の幻想曲のほたる、へくそかずら等)ことでしょう。わずかな声は、感覚を研ぎ澄まさなければ聞こえません。

 でも聞き始めると、「こんな空間や場所って、あったんだー」と思わぬところ(水脈を感じる水仙や、雪がやんだあとで等)に行けることでしょう。素敵なことです。

~(^^)~

 日々暮らしていて、「人ってジャッジすることが多くて、自分の考えでしか考えないなぁー」とよく思います。ですが詩は、立つ位置を変えて、様々なものを見せてくれる力があります。

 ぜひ多くの方に「くさはらだより」の中の 小さき生きもの の声を聴いて、生命の喜びを感じて、慈しんでほしいです。

 小さきもの声を感じることが、人への思いやりにもつながることでしょう。お読みになって、優しい気持ちになってくださいね(^^)。

 「くさはらだより」絵は、こいでやすこさん(二人の作る世界観が可愛い!)リーブル出版です。

~(^^)~

 絵本専門店 グリム は、3500冊の児童書が並び、2階にはミニギャラリーがあり、原画展などを開催されています。

 グリムさんのHP https://grimm-ehon.com/

 〒410-0022 静岡県沼津市大岡905-1 電話055-960-6661

午前10時~午後5時 定休日火曜日、水曜日 

御殿場線 大岡駅から徒歩8分  東海道本線 沼津駅北口から 車で10分

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください