【紹介文&鑑賞文】どいしゅうさんの「たましいの運転教習所」

どいしゅうさんの「たましいの運転教習所」をご紹介します。

才能を持っていても、入り口のところで引っかかっている方が多いように思う昨今。また生きているうちに、無意識に線を引いてしまう方々へも。「どいしゅうさんのお話を聞いてほしなぁー」と思います。
自分を見くびらずに「気づく力」が強くなるかもしれません。

「たましいの運転教習所」は、地に足をつけて、自分を信じる感性に委ね、使命を生きるお話やワークショップです。

地に足をと言っても、、余裕がない社会。ですが、心のあり様で人生は大きく変わるし、障害になるものって、自分が思い込んでいるものなのかもしれないです。

たましいの「しい」は、感情。どんな感情を持つかは、本人次第。ならば喜ば しい、うれ しいの「しい」でいたいです。
ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿 (講座内容は、盛りだくさんで、これはほん一部です。)

どいしゅうさんは、心理カウンセラーであり、見方道アドバイザー。全国200か所以上で上映された荻久保監督の「ひかりの国のおはなし」に主演され、全国各地で「自分を歓んで生きる」などのテーマで講演活動をされています。

平日は障害のある方への相談支援活動をされています。

また、どいしゅうさんは、神社や古事記など色々と詳しくて、お話が興味深く、面白いです。

また今回ズーム開催にあたり、裏方のことをしていただいた日下さん、不破さんにも感謝です。色々とみんなの調整さんになっていただき、有難うございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください