【紹介文&鑑賞文】 漆原智良さん、やまなかももこさんの「火のカッパ」

 小学校で読み聞かせをしました。

 私の恩師である漆原智良先生の「火のカッパ」(国土社)を選びました。
 戦争を体験された生き証人だからこそ、描かられる世界。
 辛い経験を沢山されたからこそ、多くの人を救えるものをお持ちなのだなぁとも思いました。

 聞いている子供たちも、必死に生きてこられた同世代の主人公に共感しつつ、、「カッパは現実にいるんだ!」と思ったようです。
 この子供に思わせてしまう筆力、さすがです!

 もう一つ感激したのは、画家やまなかももこさんの表現力。
この表紙の迫力ある絵(写真↓)も素晴らしいですが、文が引き立つように、工夫されて描かれているのです。

 

迫力ある表紙

 文字が載るところには、ワントーン落とされたり、人の影の中に文字を入れたり、なんて思いやり深い計算なのでしょう。
これは出来そうで、出来てない本も多いと思います。
 お二人のコンビネーションに、すっかり心を掴まれてしまった私です。

画家の作家への優しい思いも感じます♪

 

(^O^)(^O^)
そんなお二人のトークイベントが、8月12日(日)に開催されます♪
東京富士美術館にて、11時~と14時~と2回。

ちょうど「長くつ下のピッピ展」と同時開催(7月28日~9月24日)されます!

私もこの日は、とても楽しみにしています!!

まもなく東京富士美術館にて同時開催♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA